topproductbloglink

facebooktwitterinstagrammail
Design 8m3 since 2007 yama3 all right reserved
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


建国記念パーティー 第4夜
またまた間が開いてしまいましたが建国記念パーティーのお話最終夜。
最後は小物について。
今回の建国記念パーティーの小物はちゃっかりお任せにせず、デザインさせてもらってます。
これまた自己満足欲を満たすためでもあったんですけどもね(笑)

まずはあちこちに登場した国旗。

山上国旗

本当は「山」と「上」を合体させた漢字一文字を中心に配置しとけばいっかなーっとも思ったんですけども、やっぱり日本人、国旗と言えば日の丸でしょうと。てなわけで、国旗は日の丸やけどもよく見ると山上マークだというや〜つ。
仕事終わりというお疲れなところ、幹事さん達にはうちへと集まってもらい、B6サイズの紙に両面印刷された紙をを竹串に両面テープで貼り付けるという内職をたんたんとこなして作成いたしました。
試しに作って振ってみたら結構楽しくテンションも上がり、完成してからと抑えていたアルコールが入ってからは案の定アラサー飲み会に。
うん、なんかひどく楽しかった。

続いて二次会のプチギフト。
これは結構悩んだんですよね。国王の付けヒゲ型のなんかとか良いなぁと思って、「ヒゲ プチギフト」とかで必死に検索したんやけど、手頃でグッとくるやつはなかったもんでして。
ヒゲ柄の手ぬぐいとかないかなぁとか言ってたのが気が付けば手ぬぐい作れへんかなぁとなり、見積り取ってみるとなかなかお手頃価格やったからさっそくデザインして手配したというわけです。

山上手ぬぐい
最小ロット100枚

デザインはやっぱり山上柄で。国旗を反転させた感じにしてます。
そういえば昔から山上柄の風呂敷作りたいなぁというのはあったから、その欲望もちゃっかり叶えたり。
今回お願いしたのはスズキネさん。
なかなかいい感じの出来で大満足。
最小ロットが100枚やけど、なんかグッズを作りたいときはありやなぁとは思います。

山上手ぬぐい2

てなわけで、案の定残りはがっつり家で使いまくり。
無理矢理押し付けられたゲストの人達も、手ぬぐいならなんかに使ってくれることやと祈ってます。
結構配布したんで残りわずかですが、是非俺にも!!という変わった方がおられましたらご一報をば。まぁ、入国希望者として今後扱いますけど(嘘なんでお気軽に)

とりあえず二次会編はこれで完結。
とにかくこんだけ書きたくなるほど楽しかったんだなぁというのが伝わればそれで十分。
毎年友達集めまくって騒ぎたいくらいですさ。
ではでは、乱筆、長文、自己満足にお付き合い下さいましてありがとうございました。
次回は建国一周年記念パーティーでお会いしましょう!(笑)
| 結婚式 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
建国記念パーティー 第3夜
ちょっと間があきましたが、続けて建国記念パーティーのお話。

今回の二次会、結局これがしたかったというのがひとつ。
"誰も抜けなかった伝説の剣を選ばれし英雄がスルリと抜いちゃう"というくだり。
どんなテーマにするとしてもやりたかった事のひとつとして、包丁をサプライズでプレゼントするというのがあり、ここは伝説の剣を伝説の包丁に変えてメイン企画に大決定。
ここまでネタっぽく包丁サプライズにつなげることができるテーマがあるなんて。
まぁ、国王→選ばれし人→伝説の剣抜くって連想ゲームができた人はかなり少数派だったでしょうけど。

抜けた名刀山上

料理が好きで、色々凝ったもの作ってくれる嫁なんですけども、いかんせん包丁がぼろかったんですよ。
どうも切れない。鶏肉なんてものはノコギリってくらいギーコギーコしないとダメで。
それでプレゼントできる包丁なんかないかなーって探していた時に包丁手作り体験なるものを福井のタケフナイフビレッジというところでできるということを知り、これをするっきゃない!と思いましてね。

幹事に、「福井に包丁が手作りできるところがあるみたいなんで、伝説の名工が"夫婦の絆以外に切れないモノはない伝説の包丁"を作り、真実の夫婦に譲ろうと思ったものの、それを使いこなすことのできる夫婦は現れず、名工は包丁を岩に封印してしまう。そして、長年経った今、うちらの前にその岩にささった包丁が現れ、抜くってのをしたい!!」と熱弁。僕が車出して行くんで撮影部隊として来てくれませんか!と熱く依頼したまでは良かったものの、福井は大雪・・・。
僕の車、X-TRAILという雪山仕様でしょという車やのにノーマルタイヤやから、あきませんわー、包丁のサプライズプレゼント作りに行ったら、旦那が事故死っていうサプライズなってまいますわーって(恥)
福井まで行くのに、先輩のスタッドレスタイヤをはいたLapin or ノーマルタイヤのX-TRAILという究極の選択に迫られ、 チキン野郎の 堅実派の三人はサンダーバードを選択(笑)

内密に動かないといけないこともあったから、普通に仕事に行く感じで出て行き、福井まで行って作って当日帰ってくるってのが理想やったんやけど、手作り体験のスタートがまさかの朝の9時。朝一のサンダーバードで行っても厳しいというのが現実だったもんでしゃーなしですなと幹事2人と一緒に有休を取って前日に北陸入り。昼からワイワイ武生市に向かうことになりました。
でも、まさかのハプニング。
「俺21世紀美術館行ったことないねんなー。」
先輩が言うからそれは仕方ない。1時間くらいサンダーバードに乗ってるだけで金沢に着いちゃうんだから、車掌さんに言って追加料金を支払い、武生へ向かうはずが確信犯的な1時間の通り過ごし。
いやぁ、ナイスハプニング。金沢サイコー。
21世紀美術館で展示見て、休憩がてらパフェ食って、金沢おでん食べて十分満喫し福井へと引き返すなど、予想を遙かに超える楽しい移動日をはさんで武生入りしたわけでした。

当日の包丁手作り体験は自分と関東から来た人の二組。関東vs関西が自然に出来てましたね。
まぁ、いきなりちょっと着替えて良いですか?って名工になるってだけでどちらが関西勢なのか一目瞭然だったとは思います。
赤めて、叩いて、形を作り、熱して冷やして強くして、とことん研いで。
最後に名前を刻んでできあがりなんですが、通常奥さんの名前とか刻まれる人が多いですけどどうしますか?と聞かれましたけども、そこは「名刀山上で」と即答。
初めての体験まみれで、むちゃむずかったけど、とても良い体験できました。

ではでは、伝説の名工の全貌はこちらでどうぞ。



映像の編集はhashに依頼。高校の文化祭での出し物"美女と野獣"以来のコラボか?(笑)
かっこいい感じに仕上げてもらって感謝感激です。
ほんまに忙しそうなところご協力ありがとう。
まぁ、大勢の人達の前で包丁を構える絵面が異様な光景だったというのはご愛敬。

細部名刀山上
-名刀山上-

ずっと使えるはずやし、良いのができたんじゃないかなぁとは思います。
よく切れますが、結構ちゃんとした包丁やから適当に置いてるとサビやらなんやらが発生しそう。
名刀と自信満々に言えるよう、メンテナンスはしっかりせねば・・。
うん、幹事さん、毎年メンテナンスしに金沢、いや、武生への旅しましょっか。
| 結婚式 | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
建国記念パーティー 第2夜
ちゃっちゃちゃっちゃといきましょう。
山上建国パーティー第2夜スタート。

まず幹事と悩んだのはどういう企画をするか・・・。
二次会やし、なんか国王とゲームとかそういう企画で盛り上がりませんかねぇという話をしていたはずが、飲みながら打ち合わせをやったのが問題やったんか話は徐々にずれ始め、国王が対決するなら国民的歌手が国家斉唱するっしょ!という所だけが一人歩き。
国家かぁ・・・「君が代」的なやつ・・・山が代?君がみ?(笑)って。
でも、アカペラで世間の日本戦みたいにそこそこの人前で国歌(替え歌)を独唱することができる肝っ玉の人なんていないっしょと思いながら、念のため結婚式でも大活躍してくれたシンガーに聞いてみたところ

「おもしろそう!やるー!!」

とまさかの二つ返事。そして実現。
特に戦いをするわけでもなかったけど独唱。

山が代斉唱

「山が代」 作詞:山上

 やまがみは
 千代にやんちゃに騒いで
 Here we go!!
 良い大人やで
 嫁の許すまで

まぁ、なんてシュールな世界観な事でしょう。
まさに”嫁の許すまで"・・・・。
右の人がいたら山上国民的シンガーは撃ち殺されてたに違いない。
それにしても見事に歌いきったうちの国民的歌手。スゲーなアコ。
深夜3時とかに家で歌って練習していたらしい。
ありがとうアコ。そして、ごめんなさいアコの隣人。

続いて、ファーストバイト的な初めてやるぞ企画を検討。
国王がやりそうな、そして、やってみたい企画・・・・。
くす玉を割るとか、国旗を掲揚するとか、テープカットをするとか、独立したっぽいポーズをとるとかいろいろ考えたんですけども、コストが高いとか、さすがにシュール過ぎるなど問題が山積みで不採用の連続。
「前、友達の二次会企画したときはファーストビンタしたんですけど、これは結構盛り上がりましたよー」というのを参考に言ったつもりが、結局煮詰まり、自分の時も採用という結末。

ファーストビンタ
-ファーストビンタ-
新婦から新郎へ「あんた私を悲しませたらこんな目に合うわよ!」
新郎から新婦へ「お前のためならどんな痛みでも耐えてみせる!」という意味が込められています。

まさか自分の時もすることになるとわ・・・。
思った以上にビンタは痛かった。
大勢の前で痛い目にあって楽しんでるなんて、初めてお目にかかった新婦の友人はドMの旦那だと思われたことだと思いますが、ただのエンターテインナーですのであしからず。
いや、でも、元祖ファーストビンタ夫妻によるデモンストレーション時にコツとして教えられた「ビンタされた後の新郎は今までで一番おもしろい顔をしてください」を無理して自分なりに挑戦したために受けた心の傷の方が痛かったのは言うまでもありません。
あれは本当にこたえた・・・。

あぁ、この古傷が再度開き始めたので、第2夜はこの辺でお開き。
あいたたた・・・。
| 結婚式 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
建国記念パーティー
結婚式は終わり、ブログの舞台は中津芸術村ピエロハーバーへ。
色々探しましたけど、やれることの振り幅や雰囲気、予算、規模とかを考え、結局友達の結婚式二次会で使わせてもらったを自分の時も使うことになったわけです。
では、二次会「山上建国記念パーティー」のお話。

山上建国記念パーティー
二次会のウェルカムボードはレトロな雰囲気を残し、国王と王女的な写真で
(後で気が付きましたが、嫁の祖父祖母の結婚記念の写真と構図が一緒やった!)

色々企画がするのが好きな自分の二次会、どんな自由で楽しい会にしてもらうかと周りを見回したところ、"作る"タイプの友達はいるもののあまり"仕切る"タイプの友達がいない・・。
今まで一緒に色々してきた友達に今回だけは頑張ってもらおうと話を振っても返ってくる言葉はただひとつ

「やまさん、自分でやったほうがおもろいのできるって」

そうやなぁ・・・
せっかくの主役やし、自分でやりたい放題すっかなぁ・・・
自分で司会やって、みんなに楽しんでもらえそうな山上独壇場劇場やるかぁ・・・
新郎がマイク持って登場して「ただいまより新婦の入場です!」は斬新やなぁ・・・
いや、ちゃうやん!色々結婚式の用意忙しいのに、両立は厳しいやん!
てか、ぶっちゃけなんか俺もサプライズ的なの欲しいやん!!!

てなわけで、色々考えた結果、最も近いから相談もしやすく、仕切りもデザイン的なところもできそうなチームということで、職場の先輩にお願いするという暴挙に出ました。

先輩「うそやろ?」
山上「いや、まじっす」

こんな後輩ですんません。でも、ありがたいことに二次会の軸を決めてくれたら頑張るわというありがたいお言葉をいただけたので、考えた結果の第2回打ち合わせ

山上「建国記念日なんで、山上独立ってことにして、国王でいこうと思うですけど」
先輩「まだ幹事するの嘘やと思ってるんやけど」
山上「いや、まじっす。でね・・」

そう、結婚式のテーマも二次会どうしようと考えた末に思いついたテーマから始まったのでした。
国王ってのはどんなんだ。
天皇陛下、王子、独裁者・・・。
やっぱ王冠はかぶってるよね。
立派なヒゲはやっぱいるよね。
ちょっと姿を現すとなんか旗振られちゃうよね。
国旗作って最初に配って、入場の時にみんなに振ってもらおう。

王様入場
-王様入場-

酒も飲む前やし、いきなりのこのノリに人はついてこれるのかと非常に心配なところもありましたが、さすが最高の仲間達。ばっちり振られる旗の中、「山神様〜!!」と掛け声に包まれる。
とても新鮮な感じでした(笑)

こうして始まった二次会-山上建国記念パーティー-。
フェルトで作ったヒゲがビール飲むときに邪魔だったという想定外のことはありましたけども、自己満足な夜は更けていくのでした。

第2夜へ続く・・。
| 結婚式 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
山上建国のお話 第4夜
もう最後ですかね?音楽とかのお話。

音楽について。これは箇条書きで。

 歓 迎  「PAPPAYA」EGO-WRAPPIN'
      「Crazy Fruits」EGO-WRAPPIN'
      「a love song」EGO-WRAPPIN'
      「色彩のブルース」EGO-WRAPPIN' 
      「デッドヒート」EGO-WRAPPIN'
 入 場  「love scene」EGO-WRAPPIN'
 乾 杯  「愛がなくちゃ」ウルフルズ
ケーキ入刀 「君がいるだけで」SOTTE BOSSE
 新婦退場 「Mirror」Mr.Children
 新郎退場 「散歩道」JUDY AND MARY
プロフィール「サラウンド」クラムボン
お色直後入場「NOW!!」クラムボン
      「シカゴ」クラムボン
      「パンと蜜をめしあがれ」クラムボン
新婦手紙朗読「やわらかくて きもちいい風」原田郁子
エンドロール「1/6の夢旅人2002」樋口了一
 送 迎  「リバー」くるり
      「ロックンロール」くるり
      「Thank You My Girl」くるり
      「moment to moment」EGO-WRAPPIN'
      「Dear mama」EGO-WRAPPIN'
      「黒いセーター」EGO-WRAPPIN'
      「ハローグッバイ」くるり

もめると聞いてましたがさっぱりもめませんでしたね。
とりあえず二人でパソコンの前に座り、iTuneを開く→アーティストごと曲をチェックし、これはとりあえず使いたいってのを何も考えずに「結婚式候補曲」プレイリストに入れまくる→すべてのアーティストを見終わったらその中から入場ぽい、乾杯ぽい、などと振り分ける→そして、それぞれの中から選択。
こういった流れでやりました。今後考える方は参考にどうぞ。

続いて余興のお話。

歌余興

今回は新郎側1名、新郎側と新婦側のコラボ1組、新婦側1名の3本立て。
新郎の友達シンガーには結構甘えて2曲歌っていただきました。
お願いしてたピアノの人による1曲、新婦側友人のギタリストとのコラボで1曲。
ピアノお願いしてるからなんかおすすめの歌える曲ないー??って確認したら、ずっぽし使いたかったEGO-WRAPPIN'の「WHOLE WORLD HAPPY」をズポーン!!と示してきたのには驚いた。
なので悩みなくこれでお願いしますと。
そんなにメジャーじゃないのにすげーなアコ。
そんなもんだから、ギタリストとのコラボでなんかオススメあるー?ってのも確認したら、嫁がやって欲しいなぁって言ってたクラムボンの「便箋歌」をこれまたズポーン!!って示してきた。
でも、他の候補のもあって、それを一応確認するものの「便箋歌」やろうなぁって思ってたのに、嫁がコレーって選んだのは矢野顕子の「ひとつだけ」
元々の希望を超えるやつを提示してくるなんてすげーなアコ。

ギターとボーカルの二人には家に来てもらい、音合わせをしてもらってたのですが、すげーなーと感心の連続。音楽にさっぱり触れることが無く今までスクスク育ったため、立ち入る隙間一切無く・・・。
本当にこういう節目節目で、少しは音楽しとけば良かったと感じてやまないわけで。
ヘイスケ&アコ、ステキな音楽で素晴らしい時間をありがとう。
今後ともよろしくお願いします。

映像余興

続いて新婦側の後輩からの映像プレゼント。
さぞかし新婦の知人が出てくるんだろうなぁと思いきや、出てくるわ出てくるわうちの職場の人達!
新婦の後輩から俺の後輩へと水面下にバトンが渡り、色んな人のメッセージを頂いた!
完璧に新婦側の映像は第三者で見る予定やったからビックリドッキリ。
いきなり出てきたDo満にえっ!?ってなり、自分を含め、うちの職場の人達(だけ?)は大爆笑。
いやぁ驚いた笑った嬉しかった。いやはやほんとにありがたい。
残業してご協力頂きまして、ありがとうございました。

まだまだ言いたいことは多々あったけども、少しミステリアスなところがあったほうがモテると聞いたのでこの辺で結婚式編は終了しておきたいと思います。とにかく言えることは

「結婚式最高」

むちゃくちゃ楽しかった。
本当に人生で一番楽しかった1日と言っても過言じゃ無い。
いや、間違いなく人生で一番楽しい1日だった。
でも、この人生で楽しかった1日の記録更新をし続けていくことが大事だと思うわけで。
今後とも精進したいと思います。
ご愛読ありがとございました。


でもでも、自己満足満載の二次会編へ続く・・・。
| 結婚式 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
山上建国のお話 第3夜
まだまだ続きます。結婚式のお話。

引出物のお話。
富士山グラス
今回選んだのはsghr富士山グラス
なんかこれは結婚を決める前から決まってたような(笑)
初めて式場見学行った時に、引出物は富士山グラスにしようと思ってるんですけど、頼めますか?あ、ない?持ち込み料がかかるんですって?そこまけてもらえません?って交渉をしていたことを覚えてます。
食器が好きな二人。ビールはビアグラスがある。ワインもワイングラスがある。うーん焼酎とか飲む用のグラスないから買わないとーってどっか買い物行き、それぞれ良いやんって手に取ったグラスの底には「sghr」という文字があったわけで。
とにかく自分達に合うメーカーsghr。
そこにあった富士山グラス。
初めて見たときにおもしろさに感動し、ビールを入れたくなる気持ちが抑えられなかったんやけども、そこそこ良いお値段するから買うまではいかなかった商品でして。これ見た人は誰もが通ってる道のはず??
プレゼントには、欲しいけども自分で買うにはちょっとっていうのを選ぶべきだと思ってることもあり、引出物はこれしかないでしょうと内定してました。ちゃっかり家用にも二つ手配しちゃったりして。
できればケースに書かれてる「富士山」という字の下に「上」を書いて、「富士山上」にして配りたかったんですけどもそれは手間と富士山の良さを自己満足で壊す気がして断念(笑)
もらった人は一度はビール入れて金色の富士山をグイっとしてくれてるはず。
ね?ね?結構強く出来てるから使って楽しんでくださいよ?

続いてプチギフトのお話。
サンキューベリマッチ
プチギフトはこけしマッチ制作所ウェディングマッチ
プチギフトも結婚前から決まっていたような。
HEPHALLでやってた愛の秘密工作室を見に行った時、こけしまっち制作所という存在を初めて知り、フォーリンラブ。あの小さいキャンバスにできる世界観に感動しました。
テンションが上がって、作品をカメラに収めたのなんの。
ノベルティコーナーでこのウェディングマッチを見つけた時には、こりゃいいわって悩まずお土産に買って帰りましたさ。結婚式でなんかに使いたいなとその時無意識に内定してたと思います。
"Love fire burns forever!"ってのもマッチと結婚を見事につなげてあり、裏には"Thank you very match!"とマッチを使い小ネタも少々。これでもかというほど見事なマッチ活用法。
んもー間違いなく俺好きなやつですよねこれ。
こちらは富士山グラスと違って使わないでください(笑)
出落ち極まりないですが、さりげないところに飾ってもらえると嬉しいです。

あー、結構ありますな。次回が結婚式編最後かな?
第4夜へ続く。
| 結婚式 | 20:56 | comments(2) | trackbacks(0) | - |
山上建国のお話 第2夜
忘れないうちに建国のお話第2夜。
こういうのは勢いと持久力ですな。

ではでは、続いて指輪のお話。
指輪ってったらティファニーさんとかカルティエさんとかそういうのがやっぱりメジャーなところなんでしょうけども、どうも王道ブランドモノってのに興味がなかった二人。一応見に行ったんですけども、うひょーまばゆーい!と小さい目を更に細め、たっかーい!と場違い感をビンビンに感じたためスタコラサッサと退散してしまいました。
んだら手作りか?ってのもあったけども、二人のセンスが問われ、また、長く使うモノやしちょっと心配もありこれまたスルー。
となるとマイナーでも良い仕事するブランドか?となったものの、色々あちこちのちっさい店を行きまくるのもしんどいやろから、ちょっくら足を伸ばして岸和田まで。Gardenっていう指輪のセレクトショップに行ってみました。
とにかく指輪が多い。入ったら最後、色んなマイナーブランドの説明が行われる中、このブランドではこれが良いってのを半強制的にチョイスさせられ、店内を美術館ツアーのごとく連れ回される始末。最終的にそれを全部眺めて選抜を選ばされる。頑張って10個くらいに絞ったらまたまたそれらをチェック。今度は3個くらいに絞り、最後に試着を行うことで、コレ!ってのを決めるという手法の店です。
とにかく疲れた。本気で途中帰りたくなった。時間ないんでまた今度来ますーって何度も言いかけた。
指輪を選んで持ってくのを「この子連れていきましょうか」って表現してくるのも若干引いた。
でも、耐えに耐えた分、徐々に自分の好みってのが分かってくるんですよ。どうやらシンプルなデザインでマット仕上げが好きらしい。気がつけば、コレってのが見つかっていたという話。

ORECCHIO

で、選んだ指輪はORECCHIO。ピノッキオ兄さんじゃありません。オレッキオ。safariというシリーズを購入し、急展開やけど良かったん?いや、あんだけ見てあれが良いならあれっしょ、いやぁ、良いのみつかったねと気分良く北摂まで帰ったのでした。
指輪に悩んだ方、忍耐は必要ですが、自分の好みを知りたいのならGardenをどうぞ。

続いて席次表と席札のお話。
席次表と席札はどうしようか。これまた悩んだ。
でも、建国やし、誰にも分からなくてもいいやーという気楽さも出てきてからは、街っぽい感じにしようってですぐ決まったわけでして。では、どういうデザインにするか。
そこでピンと出てきたのは「人生に乾杯!」という映画のHP素材。
なぜかずっと前に見た映画のHPやったのに、淡いテイストのイラストがとても好きで印象に残っていて、それが必然だったのかは分からないけどもピシャっと頭の中でつながったわけで。
実はこの映画、嫁と付き合う前に初めて二人で行った映画なのです。また、結婚誓約書に「乾杯」という字を盛り込むほど乾杯が好きな二人なわけですし、映画の内容も嫁を大事にするかっこいいじいさんの話でステキやーんって。そしてできた席次表がこちら

席次表

左上にちゃっかり城のイラストを配置しといてこれはうちらの城だなウシシシシとか。
いや、そうなったらもう城も作っちゃえと、気が付けばnanoブロックノイシュバンシュタイン城をamazonでバイナウしてたわけです。結局自己満足も進み山上マークの旗とかも作っちゃって。
ここまで来たらいっそのこと、席次表と披露宴会場もリンクさせちゃえとなり、席札は山や街のイラストが描かれた紙に名前を書き、国の構成要素的やつをナノブロックで組み立てて土台として立て、各テーブルへと配置したわけでした。
いやはやほんと、ただでさえ手がでかい私には指がつりそうな作業でしたよ。
でもまぁ、楽しい感じにはなったと思います。人生に乾杯!
「人生に乾杯!」DVDも買ったので、見たい方にはレンタルいたしますので。おすすめ。

第3夜へ続く。
| 結婚式 | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
山上建国のお話
メキシコより無事に帰り、ようやく落ち着いたので結婚ブログをば。

イイニクの日に入籍をし、2月11日の建国記念日に結婚式を行いました。
なんか都合の悪いことに結婚式の一週間前の土日は博多へ職場の親睦旅行があり、11日が式、13日からメキシコだというのに7日発表14日締切の昇級レポート課題が5つ出されるなど嫌がらせのような直前の怒濤っぷり。まぁ、逆にそれがあったから1週間前までに終わらせるという工程を課してたこともあってか、用意で徹夜やケンカすることもなくゆっくりゴールできたのは良かったと思います。
まぁ、レポートは2つを12日にやりましたけどねっ!けっ!

さて、今まで友達の結婚式とか二次会はお手伝いさせてもらったことはあったものの、自分のこととなるとこれまた難しい。
俺はこれっ!!ってのがあれば簡単なんでしょうけども、浅く広く雑食な私達としてはテーマ決めがとにかく難しかった。コレ見て「あーやまさんのあれかー」って思ってもらえることは一個も思いつかないわけで。自分らしさってなに?って自分を見失いかけましたけども、結局のところ自己満足で楽しめれば良いでしょうという結論に。
てなわけで、建国記念日に結婚→山上が一家の主に→山上建国記念日という風に力技で持って行ったわけです。
建国といえば王子と王女でしょ。
王ったらヒゲと王冠でしょ。
ってことで結局できたウェルカムボードがこちら
happy foundation day
HAPPY FOUNDATION DAY

建国記念日が国の基礎となる日ってことで[national foundation day]らしいので別に国じゃないし、幸せの基準となる日ってことで[happy foundation day]ってことにしてます。他にも昔の塾の先生とかにも知恵を拝借して良い表現を教わったりしたんですけども、結局響き優先ってことになりました。すんません先生。
まぁ、この写真も12月28日にこういうテーマで写真撮りたいんですけどもーって81LABの先輩に言って、28日の夜に「明日晴れみたいですから撮影どうですか?」って無理言い、王冠は念のため前もって買ってたのがあったから29日の午前中に近くのダイエーの手芸店でフェルト買ってヒゲを作り、午後に家で撮影会という強行スケジュールで作りました。
手探りの中、あーだこーだ言いながら挑みましたが、なかなか楽しく結構良いのが撮れたと思ってます。
それを文字とか色合いとかを加工しPhotoBoで布地に印刷してウェルカムボードのできあがり。
思いつきと勢いでしたが結構満足しております。
これで最初のテーマを伝える自己満足インパクトはあったんじゃない?と思うわけで。

続いて会場のお話。
会場は大阪は堺筋にある堺筋倶楽部というところで行いました。
堺筋倶楽部
(まだ、写真が届いてないんで式場見学の写真をば。届いたら差し替えます。)
レストランウェディングってやつですな。
結局歩いててなんとなく入ったモントレ大阪堺筋倶楽部、江坂のmiaviaの3つしか式場は見に行ってませんけども、堺筋倶楽部に行って一目惚れし、後はただの比較だったような。スッとここ以外は考えられないと感じたのです。そういうフィーリングが大事でしょ。嫁も完全に一択やったので問題なし。
料理も普段はレストランやから美味く、1日1組で自由度が高く、建物もレトロで大好物。
個人的に気に入っているのは結婚式場がレストランなだけに、前方中央に親族とかが若干座れるものの、他の参列者はきちんと並んで座っているのではなく、式場の中心を囲むようにざっくり座りその中をわーわーしながら通ってバージンロードまで行けるということ。特に堅い感じにしたくもなかったので、みんなとオッスしながらいけたのはとても望んでいたものでした。
また、式場が昔銀行だった建物をレストランとしているので、宣誓台が金庫の前なんですけども、その金庫の上にある時計がわざと11:55で止まっているんですよ。なぜかって?今日という楽しい日が終わりませんようにってことですって。んまー小細工効かしてることー。そういう小細工大好きです。
ほんとは100人くらいの規模でやりたかったんですけども、人数に縛られて微妙な場所でやるよりは、やりたいところでやって呼べなかった人にごめんなさいすることを優先しちゃいました。
うん、でも、ここで本当に良かった。

おっと、書いてるとどんどん長くなりそうなのでとりあえず今日はこの辺で。
続きはまた今度。
| 結婚式 | 02:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - |